範頼伝説


範頼は源氏の大将、源 義朝の子供として遠江国の蒲の里(静岡県)で生まれました。そのことから蒲冠者とよばれていました。

父は平 清盛に負けてしまいました。成長した範頼は平氏の追跡に生命の危険を感じてあちこちに身をかくして移り住みました。

そしてやっと石戸(村)にたどりついたのでした。そこには平氏に知られないように、こっそりと範頼を暖かく迎えてくれる人々がいました。ここに安住の地をみつけ亀御前を妻にむかえ幸せな日々を送っていました。

20年ほどして平氏打倒の旗揚げをし頼朝、範頼、義経の兄弟は力を合わせて平氏を滅ぼし鎌倉幕府を開きました。

 

    北本市教育委員会編「北本のむかしばなし」より引用